不妊と葉酸。

♡東尾理子さんが選んだ安心の葉酸サプリ。♡
↓↓↓

不妊と葉酸。

 

赤ちゃんがなかなかできずに悩んでいる女性も多いですよね。

 

このページでは、着床しやすくする為の方法として調べたものをご紹介致します。

 

始めに書いておくと、

 

“医学的に、これを食べれば妊娠しやすくなる”

 

と言われている物は無いみたいです。

 

妊娠に置いて、ある一定のものばかり摂取する事は、むしろ良くありません。

 

どんな食品やサプリメントでも、適量を守って摂取する事が重要なようです。

 

 

happa

 

 

★低温期に摂取すると良いもの

 

●大豆イソフラボン ●アロエ ●ザクロなど

 

これらの成分を摂取する事で、

 

子宮内膜が厚くなるのだそうです。

 

子宮内膜が厚くなると、着床しやすくなります。

 

happa

 

★高温期に摂取すると良いもの

 

●葉酸 ●グレープフルーツなど

 

胎児の先天性障害のリスクを軽減させる為、

 

妊娠1か月前から摂取しておいた方が良いとされています。

 

※しかし、過剰な摂取は赤ちゃんに良くない影響を与えます。

 

サプリメントで摂取する場合は、1日に500㎍以上は飲まないようにしましょう。

 

1000μg以上摂取してしまうと、病気のリスクが逆に上がってしまうようです。

 

happa

 

高温期・低温期を通して良いもの

 

●ルイボスティー

 

卵子にダメージを与える活性酵素を除去する働きをする為、

 

排卵における生涯を解消してくれます。

 

 

happa

 

 

逆に、控えたほうが良いとされるもの

 

●カフェイン ●お酒

 

カフェインの過剰摂取は流産や早産の原因になるとされていますが、

 

一日1杯程度なら問題ないようです。

 

ですが、1日3杯以上コーヒーを摂取する女性は、

 

受胎が1年以上遅くなるリスクが2.5倍ほど高いという研究結果が出ています。

 

また、アルコールは大量に飲んでしまうと、

 

赤ちゃんの中枢神経に影響を与えてしまいます。なた豆茶

 

たまに2、3杯飲む分には問題が無いようですが、

 

毎日飲む事は控えて下さい。

 

 

如何でしたでしょうか。参考にしていただければ幸いです。

 

♡ 100%天然で出来たサプリ ♡
↓↓↓