ビタミンa 過剰症 欠乏症

♡東尾理子さんが選んだ安心の葉酸サプリ。♡
↓↓↓

ビタミンa 過剰症 欠乏症

妊娠前や妊娠中は、食べ物に一段と気をつけなくてはいけない時期ですよね。

今回は、ビタミンAの過剰症と欠乏症についてご紹介したいと思います。

 

ビタミンAはどんな働きをする成分なのか

 

ビタミンAは主に細胞分裂を促す働きをします。

ビタミンAの働きをする成分は二種類あり、

 

・レチノール

・ベータカロチン

 

この2つがビタミンAの働きをする成分ですね。

 

レチノールとは

レチノールとは動物性のビタミンで、食物などから体内に吸収すると、すぐにビタミンAとしての働きをします。

ビタミンAとしての効果を発揮しやすい半面、過剰摂取をまねく可能性もある為、毎日の摂取量を気にしなくてはいけません。

 

ベータカロチンとは

ベータカロチンは動物にも含まれますが植物性のビタミンで、最初はビタミンAの形をしていません。

ですが、体内にビタミンAが不足している時にはビタミンAに変身し、細胞分裂を促してくれる優れものです。

こちらは過剰摂取しても何も問題はない為、妊娠前や妊娠中にはできるだけベータカロチンを摂取すると良いでしょう。

 

 ビタミンA欠乏症とは

ビタミンA欠乏症の主な症状は、免疫力の低下だそうです。

お母さんの免疫力が低下してしまうと、お腹の中の赤ちゃんも必然的に弱ってしまいます。

ビタミンAの摂取上限値は3000μgとされています。

レチノールを毎日7,800μg以上摂取してしまうと過剰摂取になってしまいますので気をつけて下さいね!

 

ビタミンA過剰症とは

妊娠中の女性がビタミンAを過剰摂取してはいけない理由としては、細胞分裂が多く促されることによって赤ちゃんの奇形が生じる可能性があるからです。

かといってビタミンA欠乏症になってもよくないので、できるだけベータカロチンを多く摂取するように気をつけると良いでしょう。

ちなみに私が愛用している美的ヌーボにもベータカロチンが7500㎍含まれています。

葉酸も400㎍含まれており、妊婦さんにとってはとても便利なサプリメントなので、葉酸をサプリメントで摂取しようと考えている方は是非そちらも参考にしてみてくださいね♪

♡ 100%天然で出来たサプリ ♡
↓↓↓